【天皇賞秋2015予想】”穴”で狙うならこの2頭だ!

の3連単の予想はコチラ

大穴馬券を狙いたくなるような前々日オッズに魅了され、長考して一日。穴で狙うならと決めた2頭を紹介しよう。

ダコール
おそらく最低人気、または下から2番目人気になりそうな勢いの低評価ぶり。ただ、東京、新潟、中京と左回りは得意なようで、2000mの距離もこなせている。アタマで買うには正直勇気がいるが、馬券に絡んできてもおかしくない存在である。鞍上が小牧太騎手から三浦皇成騎手へと乗り替わりになるのが唯一の難点。小牧太騎手はヒットザターゲットに騎乗予定であったためダコールへの騎乗を断っていたが、ヒットザターゲットが回避となったため天皇賞へは騎乗しなくなった。変わりに三浦騎手が手綱を握ることとなったのだが、馬は根性あるので騎手が本気で追ってくれれば一発あるかと。

カレンミロティック
こちらもおそらく最低人気か下から2番目の馬。これまで近3戦は蛯名正義騎手が手綱を握って3戦中2戦は3着に入着して健闘している。蛯名騎手はイスラボニータに騎乗予定のため、福永騎手へと乗り替わりとなる。テン乗りの初コンビだが、良い馬に乗せてもらったと思う。昨年は宝塚記念で2着、今年は天皇賞春で3着とGⅠの舞台でも活躍できる脚を持っている。未知な部分もあるし、鞍上がこの大舞台で見せ場を作ってくれるかどうかも不安ではあるが、人気薄でプレッシャーもない今なら持ってきてくれるのではないだろうか。

の3連単の予想はコチラ

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

[PR] 競馬予想に役立つ無料情報サイト

最新のレース情報を毎週配信。三連単の予想を無料でお手伝い。