“総合力”が問われる天皇賞秋、今年も猛者揃いの群雄割拠

の3連単の予想はコチラ

競馬には1年に1度しかない3歳世代の最強を決める「日本ダービー」があるが、これと同じ価値に位置するレースとして4歳以上の古馬となった段階で素質と経験が成熟した古馬の最強を決めるレース「天皇賞」がある。天皇賞には2種類あり、4月~5月に行われる古馬のスタミナを問うステイヤー最強を決める春の天皇賞、そして10月の終わりに行われるスピード・スタミナの総合力で最強を決めるの秋の天皇賞である。春と秋の天皇賞は以前は両レースとも3000mと決まっていたのだが、その場合”スタミナ勝負”になりがちで最強を決めるという観点で幅が狭まってしまっていた。そこで秋の天皇賞を3000mから現在の2000mにすることによって、スピードに乗れる距離でありながらスタミナも必要とされる距離となり、各世代最強決定戦のレースとして価値の高いレースと評価されるようになった。

最強馬を決めるレースとして有名になった天皇賞秋は歴史上でも数々の名勝負を残してきた。今年2015年も群雄割拠の様相となっている。2015年の出走予定馬として有力なのは春のグランプリを勝利したラブリーデイを筆頭に、安田記念を勝ったモーリスや逃げ馬エイシンヒカリ×武豊コンビなどがいる。

逃げ馬のエイシンヒカリにとっては厳しい東京の長い直線だ。先行馬の場合、スタート後にすんなり先手を取れる内枠が有利となる。エイシンヒカリを含む先行馬は枠順が重要に成るだろう。東京の2000mというコースは重賞では前後半のラップ差が少なくなり、かなりの底力が求められるコースとなる。「総合力が問われる」と言われるだけあって極端な脚質の馬には厳しく、中団あたりから決め手勝負に持ち込める馬が好成績を残している。スピードと持久力、瞬発力の高い総合力が必要な一戦だと言えるだろう。

の3連単の予想はコチラ

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

[PR] 競馬予想に役立つ無料情報サイト

最新のレース情報を毎週配信。三連単の予想を無料でお手伝い。