【天皇賞秋2015】プレゼンターの東出昌大から読み解くサインとは?

の3連単の予想はコチラ

今年2015年の天皇賞秋のプレゼンターを務めるのは俳優・モデルの東出昌大(ひがしでまさひろ)だ。最近は俳優の渡辺謙の娘で知られる女優の杏(あん)と結婚したことで一躍知名度がアップした俳優である。

東出昌大

生年月日:1988年2月1日(27歳)
出生地:埼玉県
身長:189 cm
血液型:A型
事務所:ユマニテ

女優の杏とはモデル時代にパリコレに出演した際、パリの路上でバッタリ会っており、その頃はまだ親しくはなかったものの運命的なものを感じる。「パリ」と言えば「フランス」。天皇賞秋の出走馬の中で一際フランス感を出す馬がいる。

そう、ヴァンセンヌだ。

ヴァンセンヌとはもともとフランスのヴァル=ド=マルヌ県にある地域で、パリにある「ヴァンセンヌの森」が有名である。東出が杏との運命的な出会いを果たした「パリ」にある「ヴァンセンヌの森」をサインとするなら今年の天皇賞秋で勝つ馬は「ヴァンセンヌ」で決まりだ。

ヴァンセンヌは今年の東京新聞杯(GⅢ)で重賞初勝利を挙げ、その後もスプリングC(GⅡ・2着)や安田記念(GⅠ・2着)で健闘したディープインパクト産駒。前走の毎日王冠(GⅡ)では2番手からの先行策で積極的に前へ出るが直線では沈んで9着と大敗。巻き返しを期待したいが1600m~1800mを主戦場としていた馬なだけに、距離延長となる次走の天皇賞秋のパフォーマンスは気になるところ。まだ確定はしていないが出るなら注目したい1頭でもある。

の3連単の予想はコチラ

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

[PR] 競馬予想に役立つ無料情報サイト

最新のレース情報を毎週配信。三連単の予想を無料でお手伝い。