天皇賞秋のコース、東京競馬場芝2000mの特徴&攻略ポイント!

の3連単の予想はコチラ

東京競馬場・芝2000m

東京競馬場,芝2000m

コースの特徴と攻略ポイント

東京競馬場・芝2000mのコースは左回り、一周が約2120mもある中央競馬の中でも最も広い競馬場である。何と言ってもスタンド前から見える約530mの長い直線が特徴的。直線の途中には高低差2mの急坂もあり、非常にタフなコース形態となっている。

1コーナー奥にあるコーナーポケット部分からスタートとなり、2コーナーまでの距離は非常に短い。序盤の先行争いは激しくなりやすい。先行馬としては内側へ行きたいが、譲らない馬がいれば先行するのは難しくなってくる。スタートが馬馬ならスタートダッシュを決めて前へ行けるが、初めから脚を使うことになる。

このように、内枠がやや有利な状況となっている。最期は直線も長いので差し馬の活躍も目立つ。スピード豊富でキレのある瞬発力をもつ馬は狙い目となっている。

このことから外枠の逃げ~先行馬はコースロスになりがちで、内に入れないままレースをすることになる。内側の差し馬なども外から被せられると折り合いを欠くことも。いかにコーナーをスムーズにロスなくまわれるかは非常に重要なポイントとなってくる。

過去10年の傾向を見てみると、先行・差しが中心となっている。勝ち馬に関しては7勝している差しが優秀なデータとなっている。

■天皇賞(秋)2016の脚質データ
逃げ  【0-1-0-9】
先行  【3-4-2-29】
差し  【7-4-5-63】
追込  【0-1-3-43】

の3連単の予想はコチラ

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

[PR] 競馬予想に役立つ無料情報サイト

最新のレース情報を毎週配信。三連単の予想を無料でお手伝い。